Masaki's Thinking Memo

しがない兼業プログラマの思いつきとTips
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Vistaが勝手に休止状態になる

ほっとくとVistaが勝手に休止状態になっている。
「コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→電源オプション」で高パフォーマンスにして、
プラン設定の変更(編集)で電源接続時にコンピュータをスリープ状態にする:を「なし」に
設定しているのにまだ休止する。

よく見たら、その画面で、「詳細な電源設定の変更」をクリックして、
表示されるウィンドウの「スリープ」という表示を展開(プラスアイコンをクリック)
すると、「次の時間が経過後休止状態にする」というメニューがあるので、
これを展開して設定すればよいようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Vista:Documentsフォルダなどを移動する

VistaにはXPのMy Documentsとは違った構成でユーザファイルが配置されている。
Usersの下に個人用フォルダがあり、その配下にドキュメント用、音楽用、画像用などのファイルが存在する。
これらを別パーティションに移すには、個々のプロパティから場所を設定してやる必要があるようだ。
続きを読む >> このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Vista フォルダオプションとごみ箱が消えた

Windows 2000からWindows XPへ移行したときのように、何がどこにあるのかXP→Vista移行でもわかりにくい。
続きを読む >> このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Vista de VNC

ちょっとメモ書き。

とりあえず,Vista Ultimate + UltraVNC っていう強そうな名前の組み合わせ,っていうのはどうでもいいことだけど,
デスクトップのデザインはWindows VistaベーシックでVNCServerの使用は大丈夫でした。
(Server: Vista + UltraVNCServer, Client: WindowsXPSP2 + UltraVNCClient)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ThinkPad de Vista

ThinkPadG41のHDDが40GBだったので,何の気無しに100GB HDDを買ってきて換装,
Vistaをインストール終了。
起動したらAero (glass※)表示ではなかった(全米が泣いた)

Lenovo Windows Vistaへの対応について
Windows Vista™ Capable&Premium Ready対応状況

G41は Windows Vista Capable ですらない。

まぁ,使えてるんでそのまま。
Vista+リモートデスクトップだとクライアント側の表示環境に依存するから,
G41での作業で全くAero (glass※)が使えないわけではないし。

※ 2007/1/28追記
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Windows Vista 互換性チェック (Upgrade Advisor)

Windows Vista Upgrade Advisor
http://www.microsoft.com/windowsvista/getready/upgradeadvisor/default.mspx

Windows Vista のアップグレードインストールをしようとすると「互換性をオンラインで確認する」という選択肢が現れ、クリックすると誘導されるサイト。

インストールして実行すると、しばらくして

・おすすめのエディション
・使用が不可能または制限されるデバイス、アプリケーション
・インストール前にすべきこと

が表示される。

Thinkpad G41にインストールしようとしたのだが,
40GのHDDで15GBあけろっていわれても(--;
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

VMware Playerでバージョンアップ版のWindowsをインストールする

VMware Playerがフリーで公開されている。先週ダウンロードしたもの(1.0.0-16981)と比較して今週ダウンロードしたもの(1.0.0-18007)はアイコンやWindowタイトルのフォントが変わっていて少し驚いた。

仮想マシンはサンプルがサイトに上がっているし、QEMU on Windowsを用いて作成することも出来る。作成、及び設定ファイルの例はこのエントリーの末尾参照。


バージョンアップ版Windows2000を入れてみた

※以下の手順は、末尾のvmxファイルの中で
ide1:0.autodetect = "TRUE"
と設定されていれば、CDを自動的に認識してインストーラが起動したり、CDの入れ替えも問題なく認識されるようだ。

1.バージョンアップ版のWindowsインストールCDをドライブにセットして仮想マシンを起動する。

1.1.起動時に[F2]を押せばBIOS設定画面、[ESC]を押せばブートデバイス選択画面になるので、[ESC]を押して、メニューからCDブートを選択。

2.インストールしている途中で、過去のバージョンのCDをドライブにセットするように指示される。

このとき、以下の問題はその下に示す手順で解決する…かもしれない(ちょっと弱気。IBM Thinkpad G40で確認)。

ケース1:CDドライブが開かない
[ALT]+[CTRL]で親のWindowsに戻りマイコンピュータを開いて、CDドライブのアイコンを右クリックする。
そしてメニューから取り出しを選ぶか、CDドライブのEjectボタンを押す。※タイトルバー上の[CD-ROM]をOFFにしても出来るかもしれない(未検証)

ケース2:VMware PlayerがCDを認識しない
デフォルトではタイトルバー上に表示されている[CD-ROM]というボタンを2回クリックしてOFF/ONする。

こうして、以前のWindowsCD、その後のインストールCDを交換・認識させてインストールを続けると無事終了した。WindowsXPバージョンアップ版も同様かと思われる。
続きを読む >>
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Tips | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |