Masaki's Thinking Memo

しがない兼業プログラマの思いつきとTips
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メンタル・タフネス -勝ち抜く「精神力」を手に入れる | main | 24時間の達人-「多忙克服のワザ」一挙公開 を読んだ >>

マウスドラッグで選択している領域を囲う矩形(四角枠)の表示

領域指定をするのにマウスドラッグした際、指定している領域を囲う枠を表示するなら以下の関数が便利。

cdcのDrawDragRectは先回描いた矩形を消去し、今回の矩形を描く。


  CRect cr, crlast;
  CWindowDC dc(this);
  SIZE s;s.cx = 1; s.cy=1;
  … 省略 …
  dc.DrawDragRect(cr, s, crlast, s, NULL, NULL);


上記crlastには前回描画した矩形の座標を入れる。
(初回の描画時にはNULLとする。)
SIZEで指定するのは線の太さ(x方向の太さ、y方向の太さ)
(上で最初に出てくるsは今回、次のsは先回の矩形に対応)
このエントリーをはてなブックマークに追加
VC++ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rejoice.jugem.jp/trackback/81
この記事に対するトラックバック