Masaki's Thinking Memo

しがない兼業プログラマの思いつきとTips
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< OSX Virtual Box で複数モニタを使用する | main | 森ノ珈琲店@茅ヶ崎 >>

第二種電気工事士 実技試験

試験開始まで試験問題を見ることは出来ないが、
提供される材料はほとんど余分がないため、
材料が揃っているかチェックする時点で材料の内容からどの候補問題なのか分かる。とは言い切れないのかわからないけど。
Fケーブルはその長さを大体25cmで割ってやると何本使用するのか見当が付く。
なので、材料チェックしながら、該当する公表問題の注意点を思い起こしていた。
材料チェックの際、ケーブルはさりげなく伸ばしておいてやると少し作業時間短縮に(笑

筆記用具の持参は自由(記名に鉛筆かシャーペンは必要)なので、
フリクションの黒、赤、青(白の代用)、緑を持参。これらで複線図を書いたのでチェックが楽だった。

器具間の長さが指定されているが、圧着やワゴ側は10cm、その他器具は5cm、連用枠がらみは10cm、端子台は1cmと、シースをむく長さを決めておくと切断する長さが計算しやすくて楽だった。

その他、ちょっとしたコツや知恵を教えてもらえた土建組合の実技講習会は東神奈川での開催で全4回毎回30分から1時間遅刻して出席したがとてもためになった。おすすめ。

その講座でテキストとしてもらったオーム社の合格解答本は分かりやすくてよかった。複線図の書き方は参考にしなかったけど。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rejoice.jugem.jp/trackback/316
この記事に対するトラックバック