秋葉原でCAN通信モジュール探し

  • 2020.06.15 Monday
  • 23:29

CANって検索してもろくなもの表示されないしw

Amazonで安いレシーバーありますがいつ届くか分からないし。9pin-OBD2で車のCANも読んでみたい

秋月と千石行ってきました。通販の注文が多くて届くのが遅いとかきいたので。

 

結局、千石で見つけたのは三種。

1.Arduino用 seeed CAN-BUS SHIELD
店舗入って左側のArduinoコーナの下の方にSHIELDが色々あって、そこに並んでます
2.SparkFan DEV-13262 CAN-BUS Shield

同じ面の中段にぶら下がってます。

 

3.M5STACK+COMMU MODULE

M5STACK-COMMU M5Stack Commuモジュール

https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-5JA6

 

こんな面白いものがあるんですね。検索したらすでに2年前に記事が。。。

で、1,3を買いました。

 

ちなみにLinuxだとVirtual CAN Portが使えて、CANモジュール無くても通信試せるんですね。

こちらのブログ記事で紹介されていました。

SocketCANによる仮想CAN通信

 

組み込みプレス

  • 2005.12.05 Monday
  • 15:07
組み込みプレスStartup issue(vol.1)、vol.2(技術評論社)を購入した。

●vol.1
組込みプレス Startup Issue

vol.1は組み込み開発の特殊性の説明から、C,C++での開発に関して習得すべきスタイルが説明され、よくまとまっていた。下記の書籍に比べC++への踏み込んだ言及は少ないが、こちらの書籍をよく読んで、プラスアルファで薄いC++の参考書を用いれば十分だろう。

※現場(客先)の若い方もET2005にて上記書籍を購入していた。同時に購入したCQ出版のムック「組み込みC/C++プログラミング入門」も見せてもらったが、こちらは構成に抑揚がなく、加えて図が少なく例えがわかりにくかった。

●vol.2
組込みプレス Vol.2 組込みシステムシリーズ [CD-ROM付]

vol.2は、最近テスト関連の書籍やムックを閲覧する機会が多いのでどの記事も読んだことがあるような内容であって、あまり食指が動かなかったが、継続性を考えて購入。最近USB機器自作工作の書籍や記事を見かけ関心を抱いた後にはLEGOマインドストームの記事も試してみようかと感じた。

最近書籍や雑誌の入手が多くて積読状態。購入したその日にざっと記事を読みたい。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Google サイド広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM